隆兵そば

そば茶ミルクとそば茶スコーン

写真

秋風が心地よい季節になると、ティータイムにスコーンを食べたくなります。
カフェオレボウルにたっぷりのそば茶ミルク。外はサクッ中はしっとりのスコーンは、そば茶とバターの香ばしい香り。
ホッと癒される、おなかにやさしいティータイムはいかがですか。

そば茶ミルク

材料

牛乳 400cc
いりそば 30g

つくり方

前日から牛乳にいりそばを浸す。茶こしでこして、鍋で沸騰直前まで温めたらできあがりです。それ以外に、鍋に直接牛乳といりそばを入れ、沸騰直前まで温めることもできます。前日から浸しておくと、冷たいそば茶ミルクがすぐに飲めます。

そば茶スコーン

材料

バター 140g
薄力粉 430g(30gほどを全粒粉にしてもおいしいです)
いりそばをミルで細かく挽いたいりそば粉 30g
ベーキングパウダー 12g
ひとつまみ
砂糖 大さじ3
卵黄 2個
牛乳 150ccくらい

つくり方

  1. 1.
    バターを小指ほどの大きさに切りそろえる。
  2. 2.
    薄力粉、いりそば粉、ベーキングパウダーをボウルに入れて全体を混ぜたら、冷蔵庫から出したての冷たいバターを手でなじませていく。バターを手の熱で溶かさないように素早くぽろぽろのパン粉状態になるまで全体になじませる。
  3. 3.
    塩と砂糖を加えて全体をひと混ぜしたら、オーブンを160℃に温めておく。
  4. 4.
    合わせた粉にくぼみを作り、そこに卵黄と牛乳120ccほどを注ぐ。
  5. 5.
    粉と水分を、練らないように混ぜていき、生地の様子を見て足りなければさらに牛乳を少しずつ足して混ぜる。
  6. 6.
    粉っぽさがなくなれば生地の完成です。
  7. 7.
    まるく形を整えて天板にのせていき、素朴な焼き色をつけるために刷毛で牛乳を塗る。
  8. 8.
    160℃のオーブンで18〜20分ほど焼き、きれいな焼き色がついたら出来上がり。

食材へのこだわり

隆兵そばでは、出来得る限り有機栽培や無農薬、減農薬野菜を使い、
京都、または京都近郊でとれた食材や関西近郊で醸された酒を提供できるように心がけております。

毎月月末最終日は単品営業!
『晦日そばの日』

※最終日が定休日にあたる場合はその前日に実施いたします!