隆兵そば

そば屋酒

『江戸の蕎麦屋酒は粋に、
京の蕎麦屋酒は風流に。』

〜酒を愛する店主がすすめる「蕎麦屋酒」〜

今でこそあちらこちらに飲み屋さんがあり、そのスタイルもお酒の種類も様々です。
ビールに始まりワイン、酎ハイ、ウイスキーハイボール。

しかし江戸時代の町人文化において、飲み屋といえば蕎麦屋、酒といえば日本酒でした。
蕎麦屋の酒肴はいたってシンプル。
焼き味噌、焼き海苔、卵焼きなど明快で手っ取り早いといったこともあり、
せっかちな江戸っ子に好まれました。
また江戸っ子はそのスタイルにも不文律を作りました。
長居せず、酩酊せず、大勢で騒がない。これが蕎麦屋酒の定義のようです。
現代の飲み屋さんに求めるものとは何となく逆のような気がします。

さても現代のお酒にまつわることと言えば、多様になり尽くしたなぁと。
だからこそ日本の古の飲み方の素晴らしさを今一度見直したく思います。

そこで、蕎麦屋酒の良さをいくつか挙げてみようと思います。

まず、昔から蕎麦屋の酒は上等なものが多かったようです。
それまで主流であった濁酒のような酒は出さず、
上方の澄んだ酒を出していたようで、
お品書きの中で酒が一番高いものだったなんて話もあるようです。
とにかく酒にこだわる蕎麦屋は現代でも非常に多いように感じます。

次に、なんといっても酒を飲む「文化」が蕎麦屋には定着しております。
これは昔は蕎麦を注文してから出てくるまでに時間がかかったために、
蕎麦の前に簡単な肴で一杯やりながら蕎麦を待ったことに由来しております。
そのため、今でも蕎麦屋では酒のことを「蕎麦前」と呼びます。
そういった点から見ても蕎麦屋酒は文化的と言えるのです。

最後に、結局蕎麦屋酒の最終目的は酒を飲むこと自体より、
蕎麦を食べること自体より、蕎麦屋の「空気」を飲んで食べることに尽きるように思います。
つまりはひたること。
これは現代のカフェにふらっと寄る感覚に近いものです。
美味しいことはもちろん大切ですが「何となく良い」、
これを得ることができるのが蕎麦屋酒の最大の良さだと感じます。

そんな粋な蕎麦屋酒ですが、どうしても江戸文化の象徴のような気がして、
京都においてはピンとこない方も多いことと思います。

ならば江戸には江戸の、京には京ならではの蕎麦屋酒のスタイルがあっても良いのではないか、
ということでわたくしが発信したいのは

「江戸の蕎麦屋酒は粋に、京の蕎麦屋酒は風流に」

ということです。

江戸では酒の肴は粋にシンプルであり、スパッと竹を割ったような明快さが求められます。
京ならば、そこは京らしく風流でありたい。
つまり、器を吟味し、肴に季節感を織り交ぜ、掛軸や花に心を尽くす。
そういった風情において一杯、また一杯と楽しむ。

酒飲みに語らんかかる滝の花
           芭蕉

皆様も「蕎麦屋酒」始めてみませんか。

食材へのこだわり

隆兵そばでは、出来得る限り有機栽培や無農薬、減農薬野菜を使い、
京都、または京都近郊でとれた食材や関西近郊で醸された酒を提供できるように心がけております。

毎月月末最終日は単品営業!
『晦日そばの日』

※最終日が定休日にあたる場合はその前日に実施いたします!