隆兵そば
2019年3月10日

今、ここ

隆兵そばという店名の名付け親である福井県小浜市の仏国寺第13世原田湛玄老師様の一周忌に参列させて頂きました。
老師様には人生の全てを教わったといっても良いくらいに私の人生に多大なる良い影響を与えて頂きました。

特攻隊であった若き日の老師様、出撃の直前に戦争が終わる。
先輩や同僚が皆んな飛び立ったまま帰らない中、生き残った辛さに耐えられない。あの方々は無駄死にだったのかと…

終戦後もそんな失意の中、小浜の禅の高僧 原田祖岳老師様と話す機会があり、「ワシの言う通りに実行すれば おぬしの悩みは全て解決する」と言われて弟子になられ、血の滲むような修業ののちに大悟され、生死問題を完全に乗り越えられた方であります。

私の大叔父が老師様と学友というご縁から、ひと月だけお寺に厄介になる機会を与えて頂きました。

はじめは精進料理を学びたいというくらいの軽い気持ちでお寺に入りましたが、日々座禅座禅。三日もたてば足の感覚が無くなるほど座禅には厳しいお寺でした。

わずかひと月でしたが、私が今まで生きてきた生き方を完全にひっくり返されました。
言葉ではないのです。言葉以上の大切な種を植えて頂きました。
その種を発芽させ開花させ結実させられるかは自分次第だという宿題も頂いた気がします。

それから15年、開花や結実という結果はわかりませんが、お蕎麦なので日々「打ち」込むことは出来ているわけです。
有り難いの一字をもって邁進することだけしか出来ませんが、ただひたすらに 生きる人生を楽しみたく思います。

老師様は日々「よしよし」とおっしゃっていました。
今、私の仕事に「よしよし」とおっしゃって下さるだろうか?
「まだまだ頑張りなさい!よしよし」だと思います。

よし、頑張ろう!

2019年1月29日

一月の晦日蕎麦の時間について

1月31日の晦日蕎麦は、夕方から厨房機器の修理のため、「昼の部のみの営業」とさせていただきます。
大変ご迷惑をおかけしますが 何卒よろしくお願い申し上げます。

2019年1月28日

三月のお休みと晦日蕎麦の日程について

三月のお休みは法事などの関係により少し変則的になります。下記の通りです。

6日(定休日)
13日(定休日)
10日(法事の為 臨時休業)
19日(定休日)
20日(定休日)
26日(18日の代休)
27日(定休日)
尚、18日は本来定休日ですが3月は営業いたします。

※三月の晦日蕎麦に限り、最初日前日の30日土曜日に行います。

大変ご迷惑をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

2019年1月3日

3月の晦日そばの日について

本来なら晦日そばは毎月最終日に行いますが、今年の三月については「31日の日曜日」ではなく、「30日の土曜日」に変更しますので、お間違いのないようにお願いいたします。
ご迷惑をおかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

2018年12月22日

第二回 新蕎麦俳句大賞 結果発表

いよいよ寒さも厳しくなってまいりましたが、いかがおすごしでしょうか。
嵯峨野俳句会 才野主宰及び編集部の皆様による第二回新蕎麦俳句の審査が終わり、結果が手元に届きました。
今回は前回よりもかなり沢山の投句があり、嬉しい限りです。
ただ残念なことに、お名前や住所などの必要記載事項が欠けている作品もかなり多く、良い句ながら落選したものもありました。
また来年も募集いたしますので、記載漏れのないように、あらたに挑戦していただければと思います。
よろしくお願い致します。
さて、では結果発表です。才野先生による鑑賞文もそのまま載せさせていただきます。

主宰賞

新蕎麦を待つ時間さえ酒のアテ
兵庫県神戸市 Y.Iさん

日本文化の華の一つは「待つ」ことを楽しむところにもあります。物それ自体よりも、それを想像する楽しみを大事にするのです。俳句の季語にも「春を待つ」「秋を待つ」などがあるのも、その表れです。
美味しい新蕎麦の味を想像しているだけで心も満たされて、酒も進むと言うものでしょう。

編集部賞

新蕎麦で客の心を打ちにけり
大阪府四條畷市 K.Kさん

もちろん「打ちにけり」は「蕎麦を打つ」ということもかけているのでしょう。店主は蕎麦を打つことによって、客の心を打つ。そのことを「打ちにけり」と言う歯切れの良い表現によって表しています。
客をもてなす店主の心意気を賞賛している俳句です。

佳作

もてなしは美人女将と走り蕎麦
大阪府枚方市 K.Sさん

同じ作者の投句に、〈新蕎麦やイケメン亭主の京言葉〉がありました。でも編集部のメンバーは女将さんのファンが多いようで。

新蕎麦の香りが揺らす暖簾かな
兵庫県神戸市 K.Mさん

香りを含んだ風が暖簾を揺らしたのを端的に「香りが揺らす」としたのが新鮮です。新蕎麦の香りが人を呼んでいるようです。

新蕎麦も雨の離宮も別世界
北海道白老郡 J.Kさん

雨を嘆くことなく、雨をも積極的に楽しんでいこうという作者の気持ちが見て取れます。
「新蕎麦」「雨の離宮」それぞれの別世界を存分に楽しまれたことでしょう。

以上、受賞発表と鑑賞でした。
主催賞にはお食事券を、編集部賞には蕎麦茶サイダーを贈らせていただきます。到着までしばしお待ち下さいませ。

今回惜しくも入選されなかった皆様も、また来年にリベンジを!
皆さまの新蕎麦俳句に出会える事を今から楽しみにお待ちしております。

さて、だんだん慌ただしくなってまいりました。
店では年末に向けて発注などの確認作業に追われる毎日ですが、またこれも年末の風景として楽しみたいと思います。
搾りたての酒が届き始め、冷えた身体は粕汁で温めて無事に年を越せそうです。
粕汁は冬の季語。今年もわたくしの拙い句で締めくくりたいと思います。
それでは皆さま良いお年をお迎え下さいませ。来年もどうぞよろしくお願い致します!

粕汁の香り立つ夜のグラウンド 隆兵

最近の記事

Recentry Posts

カテゴリー

Category

過去の記事

Archives

食材へのこだわり

隆兵そばでは、出来得る限り有機栽培や無農薬、減農薬野菜を使い、
京都、または京都近郊でとれた食材や関西近郊で醸された酒を提供できるように心がけております。

毎月月末最終日は単品営業!
『晦日そばの日』

※最終日が定休日にあたる場合はその前日に実施いたします!