隆兵そば
2022年10月25日

鏡板製作プロジェクト 第四話

鏡板製作プロジェクト 第四話

本日は二度目の打ち合わせの為に芸大へ伺いました。とても気持ちいい秋空です。

前回からの修正を踏まえての鏡板のプレゼンと、切戸口の横に描く竹の絵のご提案をして頂きました。
昔の竹の絵は竹が三本ありましたが、今回は二本にして筍を配置。そして金粉を少し蒔き月明かりを表現しています。

桂のある洛西地域は極上筍の名産地として有名ですので、それを描かない手はないなぁと前回に提案させて頂きました。
竹の細かい表現は改善の余地ありとの事になりましたが、構図としては素晴らしいものだったと思います。
3つの筍が子供達、二本の竹が親を表し、穏やかで住みやすい洛西地域の繁栄を期待させてくれます。また、二本の竹は鏡板の高砂の松と離宮の住吉の松にも連動し、良き夫婦の象徴にもなります。

そして桂は月の名所でもあります。
桂離宮は月を愛でる壮大な装置でもあり、桂から見る月は古来より美しいと言われて来ました。
その月も表現に入れようと提案させて頂き、月明かりという形で表現する事となりました。

地域性を踏まえた能舞台が地域の誇りになり、地域の交流の場になっていく。こんな素晴らしいことはないと感じます。

実際の作画は年が明けてからになりますが、また少しずつ色々と紹介していければと考えております。

最近の記事

Recentry Posts

カテゴリー

Category

過去の記事

Archives

食材へのこだわり

隆兵そばでは、出来得る限り有機栽培や無農薬、減農薬野菜を使い、
京都、または京都近郊でとれた食材や関西近郊で醸された酒を提供できるように心がけております。

晦日そば

毎年12月31日は予約制にて単品営業を行います。