隆兵そば
2019年3月10日

今、ここ

隆兵そばという店名の名付け親である福井県小浜市の仏国寺第13世原田湛玄老師様の一周忌に参列させて頂きました。
老師様には人生の全てを教わったといっても良いくらいに私の人生に多大なる良い影響を与えて頂きました。

特攻隊であった若き日の老師様、出撃の直前に戦争が終わる。
先輩や同僚が皆んな飛び立ったまま帰らない中、生き残った辛さに耐えられない。あの方々は無駄死にだったのかと…

終戦後もそんな失意の中、小浜の禅の高僧 原田祖岳老師様と話す機会があり、「ワシの言う通りに実行すれば おぬしの悩みは全て解決する」と言われて弟子になられ、血の滲むような修業ののちに大悟され、生死問題を完全に乗り越えられた方であります。

私の大叔父が老師様と学友というご縁から、ひと月だけお寺に厄介になる機会を与えて頂きました。

はじめは精進料理を学びたいというくらいの軽い気持ちでお寺に入りましたが、日々座禅座禅。三日もたてば足の感覚が無くなるほど座禅には厳しいお寺でした。

わずかひと月でしたが、私が今まで生きてきた生き方を完全にひっくり返されました。
言葉ではないのです。言葉以上の大切な種を植えて頂きました。
その種を発芽させ開花させ結実させられるかは自分次第だという宿題も頂いた気がします。

それから15年、開花や結実という結果はわかりませんが、お蕎麦なので日々「打ち」込むことは出来ているわけです。
有り難いの一字をもって邁進することだけしか出来ませんが、ただひたすらに 生きる人生を楽しみたく思います。

老師様は日々「よしよし」とおっしゃっていました。
今、私の仕事に「よしよし」とおっしゃって下さるだろうか?
「まだまだ頑張りなさい!よしよし」だと思います。

よし、頑張ろう!

最近の記事

Recentry Posts

カテゴリー

Category

過去の記事

Archives

食材へのこだわり

隆兵そばでは、出来得る限り有機栽培や無農薬、減農薬野菜を使い、
京都、または京都近郊でとれた食材や関西近郊で醸された酒を提供できるように心がけております。

毎月月末最終日は単品営業!
『晦日そばの日』

※最終日が定休日にあたる場合はその前日に実施いたします!