隆兵そば
2020年7月27日

流行り廃り

ファッション同様食べ物にも流行り廃りがあるように感じる今日この頃。
食べ物側から見ればたまったもんじゃあないなんて思ってるような気もしますが。

昔タピオカが流行って、すぐに聞かなくなったと思ったらまた最近聞き始めて、ウチの近所にも専門店なんか出来たりしてます^_^

蕎麦にもそんな傾向があり、僕の修行中なんかは「自家製粉、手打ち、十割そば」というフレーズが流行ってて、そうでないものは悪ぐらいの空気がありました。
師匠も当時は関西自家製粉の御三家と言われるような方でしたから、製粉にしても一から教えて頂きました。

ただ、師匠が偉かったのは「隆兵くん、自家製粉なんてせやんでもええねんで。一回製粉会社行っといで」
と。

自家製粉でここまで来られた人がなかなか言える言葉じゃない。普通はそこに固執してこうじゃないとダメ!みたいになるのに。
さっそく製粉会社の見学に行って、よくわかった。
「餅は餅屋」
製粉会社は設備も技術も自家製粉とはまるで違う。
師匠は「自家製粉は自己満足の為や。でも粉のプロからしたらオモチャみたいなもんやで」
とおっしゃってた事がよくわかった。
そして、製粉会社なのに床に粉が落ちていない。

そんな経緯から僕は料理と蕎麦のコース料理と初めから決めていたので、製粉はプロにお任せする事に決めた。
もちろん、製粉会社の粉をそのまま使ったりはしない。
独自のブレンドをする。
そこで唯一無二の粉ができるから。

ブレンドする時に大切なことは、自分の理想とする味を目指す時、理想ではない種類の粉も ほんのわずかだけど必要だという事。
不安分子は取り除きたくなるのが人の常だが、それでは実はうまくいかない。

これは世の中の真理さえ現すように感じるんです。で、真理には流行り廃りがない。

これからの世界はそこに於いて仕事をしていく必要がある。

最近の記事

Recentry Posts

カテゴリー

Category

過去の記事

Archives

食材へのこだわり

隆兵そばでは、出来得る限り有機栽培や無農薬、減農薬野菜を使い、
京都、または京都近郊でとれた食材や関西近郊で醸された酒を提供できるように心がけております。

毎月月末最終日は単品営業!
『晦日そばの日』

※最終日が定休日にあたる場合はその前日に実施いたします!