隆兵そば
2020年3月12日

主役、脇役

活かす力。
俳句をやっていると、一番大切なことは やはり季語を活かすということに尽きるのではないだろうかと思います。
主役を主役たらしめる。
皆んなが主役なんて事を言いがちな世の中ですが、それでは何にもないくだらない世の中なのです。
全てのものには 必ず主役と脇役があります。
ただ、一つ大切な事は、主役が偉くて脇役が劣るなんて事は全くないということ。
脇役は主役を立てる為に全力を尽くす。
主役は立ててもらった期待に応える仕事をする。
つまりは、脇役は主役であり、主役は脇役であります。主役即脇役、脇役即主役であります。
これを無理矢理に揃えようとすることが いかに愚かなことで、自然の摂理に反することであるかを知らなければなりません。
いくら良いお造りでも、醤油やワサビがダメではその価値を下げてしまう。
でも反対に、普通のお造りでも醤油やワサビが良ければそれなりに美味しく感じるのが不思議です。
そばも同じで、つゆやワサビが安物ではダメですが、本気のツユやワサビで食べる安い麺は意外にも良かったりします。
主役を活かすのは脇役次第ということなのでしょう。
俳句なら季語を活かす。
茶懐石なら茶を飲む為の料理。
蕎麦懐石なら蕎麦を食べる為の料理。
割烹ならまずは庖丁、そして煮炊き。
いま、それらの主役が守られているかと言えば、甚だ疑問に感じるのです。
ちなみに隆兵そばは一度たりともそば懐石とうたった事はなく、そば懐石を名乗るつもりは毛頭ありません。

「随処作主立処皆真」

自分の置かれた立場に置いて全力を尽くす。
それこそが主役脇役を超えた主人公、本来の面目なのです。
皆んなが主役ではなく、主役脇役を超える。
主役にとらわれない。脇役にもとらわれない。
そこを超える。
それしか道はないのです。
そして、また、南北東西に活路は通ず、です。
そこまで行こう。また、それも超えよう。
程度の低い所をウロウロしている時間は無いのですよ。

そう思えば脇役なくして主役なし、であります。もちろん主役なくして脇役なしであります。

若い人たちよ、君たちは偉大なる脇役として主役を盛り上げる人生を歩むのか、はたまた、偉大なる脇役に盛り上げてもらいながら主役として生きていく人生を歩むのか、どっちだ!?

僕の応えはいつも同じ。

両方!

2019年12月16日

料理と酒

料理は祈りである。
これは私が日々仕事をする上で感じたことをあえて言葉にすると、という話し。もちろん、人間の創作活動を100%的確な言葉に置き換えることなど出来はしないのでしょうが、あえて言うなれば。です。
祈りというからには、その対象があるわけで、料理人としての私の場合にはその対象は食材の命であり、生産者であります。

では、酒はどうか? 酒の方がルーツとしては祈りに近いはずです。
が、僕の感覚としては、もう少し向こう側。

恵。

これこそ、酒にふさわしい言葉なんじゃないかな。と。
アメージンググレース。
クリスマスまでもう少し。
大いなる恵に感謝する寒い夜。

2019年11月5日

そばと酒

そばと酒は合わない。 と言うと猛反発をくらいそうですが、正しくは、「そばを食べながら酒を飲むのは不粋」という事。
ますます 怒られそうですが、もちろんそば屋で飲む酒は格別です。しかし それは、そば屋で飲む酒であり、そばを食べながら飲む酒ではないという事。
そばは伸びないうちにささっと食べるのがマナーであり、粋であります。
そばは酒を飲みながら食べるものではないのです。
その為に そば屋には酒のアテがあり、そばが来るまでの間に 「そのアテで」飲むのです。ですからそば屋では「酒」の事を「そば前」と言うのですが、最近の雑誌などが「そば屋の酒のアテ」をそば前と言いだしており、本来の意味が曖昧になって来ております。
本来はそば屋の酒、百歩譲って、そば屋で飲むという行為がそば前という事であり、おつまみ自体はそば前ではないのです!
さて、隆兵そばでは、そのアテが川魚料理なわけです。つまり、酒のセレクトは川魚料理に合う酒、ワインも川魚料理に合うワインを選ぶ必要があり、そばに合う酒やワインを選ぶのではないという事です。
ただ、「そのそば屋」に合う酒やワインはオッケーという事になりますね。そばそのものに焦点を当てるのではなく、そのそば屋に焦点を当てる。そして、そのそば屋がどんな料理を出すのかにより、その酒やワインは異なってきます。
細かいことを言いますが、味覚とはそういう綿密な考察抜きには語れない繊細なものだという事です。

2019年5月18日

観音堂

毎月18日は曜日に関わらず定休日です。それはお世話になっている福井の小浜にあるお寺へお参りする為。この日は観音堂でお話しがあり、子供達と一緒に出掛けるのです。

今日は上皇后様が昔詠まれた御歌のお話しでした。

知らずしてわれも撃ちしや春闌くる バーミヤンの野にみ仏在さず

「われも撃ちしや」というところに仏教の精神があると老師様がおっしゃっていたということでした。
石仏が破壊された事や、その不寛容を嘆くだけではなく、もしかしたら、自分もそのようなことがあるのでは?と深く自省される。
石仏が破壊された時、そのように思える人間がどれだけいただろうか。
人が何をやった、言った、ではなく、常に自分がやっている事、言っている事を深く自省しましょうということでした。僕が全く出来ていない事です。その自覚があるのが唯一の救いかもしれませんが。

2019年3月10日

今、ここ

隆兵そばという店名の名付け親である福井県小浜市の仏国寺第13世原田湛玄老師様の一周忌に参列させて頂きました。
老師様には人生の全てを教わったといっても良いくらいに私の人生に多大なる良い影響を与えて頂きました。

特攻隊であった若き日の老師様、出撃の直前に戦争が終わる。
先輩や同僚が皆んな飛び立ったまま帰らない中、生き残った辛さに耐えられない。あの方々は無駄死にだったのかと…

終戦後もそんな失意の中、小浜の禅の高僧 原田祖岳老師様と話す機会があり、「ワシの言う通りに実行すれば おぬしの悩みは全て解決する」と言われて弟子になられ、血の滲むような修業ののちに大悟され、生死問題を完全に乗り越えられた方であります。

私の大叔父が老師様と学友というご縁から、ひと月だけお寺に厄介になる機会を与えて頂きました。

はじめは精進料理を学びたいというくらいの軽い気持ちでお寺に入りましたが、日々座禅座禅。三日もたてば足の感覚が無くなるほど座禅には厳しいお寺でした。

わずかひと月でしたが、私が今まで生きてきた生き方を完全にひっくり返されました。
言葉ではないのです。言葉以上の大切な種を植えて頂きました。
その種を発芽させ開花させ結実させられるかは自分次第だという宿題も頂いた気がします。

それから15年、開花や結実という結果はわかりませんが、お蕎麦なので日々「打ち」込むことは出来ているわけです。
有り難いの一字をもって邁進することだけしか出来ませんが、ただひたすらに 生きる人生を楽しみたく思います。

老師様は日々「よしよし」とおっしゃっていました。
今、私の仕事に「よしよし」とおっしゃって下さるだろうか?
「まだまだ頑張りなさい!よしよし」だと思います。

よし、頑張ろう!

最近の記事

Recentry Posts

カテゴリー

Category

過去の記事

Archives

食材へのこだわり

隆兵そばでは、出来得る限り有機栽培や無農薬、減農薬野菜を使い、
京都、または京都近郊でとれた食材や関西近郊で醸された酒を提供できるように心がけております。

毎月月末最終日は単品営業!
『晦日そばの日』

※最終日が定休日にあたる場合はその前日に実施いたします!