隆兵そば
2022年10月25日

鏡板製作プロジェクト 第四話

鏡板製作プロジェクト 第四話

本日は二度目の打ち合わせの為に芸大へ伺いました。とても気持ちいい秋空です。

前回からの修正を踏まえての鏡板のプレゼンと、切戸口の横に描く竹の絵のご提案をして頂きました。
昔の竹の絵は竹が三本ありましたが、今回は二本にして筍を配置。そして金粉を少し蒔き月明かりを表現しています。

桂のある洛西地域は極上筍の名産地として有名ですので、それを描かない手はないなぁと前回に提案させて頂きました。
竹の細かい表現は改善の余地ありとの事になりましたが、構図としては素晴らしいものだったと思います。
3つの筍が子供達、二本の竹が親を表し、穏やかで住みやすい洛西地域の繁栄を期待させてくれます。また、二本の竹は鏡板の高砂の松と離宮の住吉の松にも連動し、良き夫婦の象徴にもなります。

そして桂は月の名所でもあります。
桂離宮は月を愛でる壮大な装置でもあり、桂から見る月は古来より美しいと言われて来ました。
その月も表現に入れようと提案させて頂き、月明かりという形で表現する事となりました。

地域性を踏まえた能舞台が地域の誇りになり、地域の交流の場になっていく。こんな素晴らしいことはないと感じます。

実際の作画は年が明けてからになりますが、また少しずつ色々と紹介していければと考えております。

2022年10月7日

鏡板製作プロジェクト 第三話

鏡板製作プロジェクト 第三話

(第ニ話からのつづき)
鏡板をめくってみると、なんと!
下からその先代の鏡板が出て来ました!
こちらは檜に描かれたもので、松の絵も全景ではなく、クローズアップされた大胆なもの。
これには大工さんもびっくり!
ちなみに一枚目の写真の左が今回剥がした絵で右が、下から出てきた絵。

しかしまたここで一つ疑問が。
なぜ檜に描かれた立派な絵があるにもかかわらず、上からベニヤ板などを貼り付けて描き直したのか??
ベニヤ板の裏には昭和50年12月と描いてあり、その当時の氏子総代さんのお名前が5名ほど。
桂六斎念仏の鉦のお師匠さんや笛の名手のお名前も!
みなさん亡くなられているので張り替えた経緯は謎のままになりそうですが、神社の鳥居に昭和50年10月建之と書かれています。
松の絵と同年で2か月違いという事を考えると、鳥居の新調にあわせて松の絵も描き直したのだろうと推測されます。
理由はわかりませんが、鳥居と同時に松の絵も新しくしようと考えたのではないでしょうか??
地元の方々に聞き込みをしてみようかと思います。

そんなこんなで、これから製作に向けてその様子をちょこちょこお伝え出来ればと思っております。
一応完成予定は3月松、いや、末。
4月にお披露目会など出来ればなぁと話し合っております!

#桂六斎念佛 #桂六斎念仏 #六斎念佛 #六斎念仏 #桂地蔵寺 #六地蔵めぐり #かっぽれ #お公卿 #越後晒し #猿廻し #四つ太鼓 #道成寺 #土蜘蛛 #郷土芸能 #伝統芸能 #太鼓 #篠笛 #鉦 #能 #狂言 #歌舞伎 #京都 #西京区 #桂

鏡板製作プロジェクト 第ニ話

鏡板製作プロジェクト 第ニ話

(第一話からの続き)
先ずは、桂離宮の造園は和歌の世界観をコンセプトにしているという事。
それゆえ、住吉の松も古今和歌集の「高砂、住の江の松も、相生の様に覚え」という仮名序(かなじょ)←(仮名で書かれた序文、説明文のこと)に由来するとの事でした。(住の江の松と住吉の松は同じ)
能の演目『高砂』は世阿弥がこの仮名序から着想して作ったものです。

そして、なんと!!
実は昔の桂離宮には住吉の松を隔てた池の向こう側の松琴亭の前に高砂の松があったという事でした(現在は枯れてなくなってしまった)。

やはり唐突に住吉の松だけが出て来たのではなく、きちんと高砂の松もあり、相生の松として離宮に存在していたのです。

ちなみに高砂の松は『万葉集』、住吉の松は『古今和歌集』を表しております。
万葉集、古今和歌集のどちらの時代も和歌が盛んに詠まれた時代であり、それはすなわち平和であることを象徴するという事になります。

そこで私が今回考えたのが、御霊神社の鏡板に描くべきは今、桂離宮にある住吉の松ではなくその昔桂離宮にあり、今は無き「高砂の松」なのではないか?
という事です。

離宮の住吉の松は別名『ついたての松』と言われており、視界を遮る役目を果たしており、枯れても植え直す必要があり、現在に至っております。
しかし、高砂の松については離宮の「和歌のコンセプト上にのみ」必要だった故、いつしか枯れても植えられなくなってしまったという経緯があると考えられます(経費面もあったかもしれません)。

ならば、まさに高砂の演目にあるように、離れた所(神社)に今は離宮に無くなってしまった高砂の松を再現する事の意義が大いにあると感じた次第であり、またそれが現れるのが能舞台という夢幻を表現する芸能を行う場所という事にも大いに意味があると思い至った次第であります。
高砂の松と住吉の松をセットで相生の松と呼び、よい夫婦の象徴にもなっております。
松の絵が完成すれば、神社への参拝が縁結びになるかもしれませんね^_^

さて、この経緯をさっそく芸大の先生に連絡し、生徒さんたちにも説明して次回、第2回の打ち合わせが行われる事になりました。

そして本日より、現在ある松の絵の解体工事に入りました。
現在の鏡板はベニヤ板で作ったかなり簡単な物です。
ベニヤの鏡板をめくっていくと、なんと!!!
(第三話につづく)
#縁結び #鏡板 #能舞台 #桂六斎念佛 #桂六斎念仏 #六斎念佛 #六斎念仏 #桂地蔵寺 #六地蔵めぐり #かっぽれ #お公卿 #越後晒し #猿廻し #四つ太鼓 #道成寺 #土蜘蛛 #郷土芸能 #伝統芸能 #太鼓 #篠笛 #鉦 #能 #狂言 #歌舞伎 #京都 #西京区 #桂

2022年10月5日

鏡板製作プロジェクト

鏡板製作プロジェクト 第一話

幼い頃から遊び場だった地元の神社に能舞台があります。
5月5日には桂女祭(かつらめさい)が開催され、郷土芸能の桂六斎念仏の奉納もあります。
その能舞台の鏡板(松の絵が描いてある部分)が経年劣化により絵が剥がれたり、材が痛んだりしておりました。

そこで、神社総代会の皆様のご協力のもと、修復しようという運びに。
僕も色々な提案をする形で参加させて頂いております。

そこで、せっかくなので同じ洛西地区にある京都市立芸術大学の学生さんに松の絵を依頼しようと提案し、了承されて先日、第一回目の打ち合わせをしました。

学生さん達には神社と同じ地区にある桂離宮の松をモチーフにして欲しいとあらかじめ伝えておき、6名の学生さん達がそれぞれプレゼンをして下さいました。
どの学生さんも素晴らしいプレゼンで良かったです。

モチーフになったのは桂離宮に現在ある「住吉の松」で別名「ついたての松」とも言われます。
景色の全景を敢えて見せないために配置された松。
これを題材に、という形で進んでいましたが、一つ疑問が出ました。

なぜ、住吉の松という名前になったのか?
という事です。

能の演目に「高砂」という有名な曲があります。そこからの出典である事は容易に気付きましたが、なぜ唐突に桂離宮にそれが出て来るのか?
その意味がわかりませんでした。
ネットで曖昧な事を調べて進める事案ではない為、宮内庁京都事務所へ問い合わせたところ、、なんと!!
(第ニ話へ続く)

※現在隆兵そばでは新蕎麦俳句を募集中!
気持ち良い秋の日に一句いかがですか?
詳しくはホームページのお知らせをご覧ください。賞品もありますよ^_^
宜しくお願い致します🤲
#新蕎麦俳句募集中 #そば #隆兵そば #井戸水 #地下水 #出汁 #京都 #美味しい #和食 #日本料理 #酒 #桂離宮 #川魚 #川魚料理 #鯉 #水 #水の料理 #淡水魚 #ワイン #禅

2022年6月20日

良さ

人が感じる「良さ」の種類は色々ある。
清々しさを良さとする人、荘厳さを良さとする人、真面目さ、とっつきやすさ、高価、安価、、、もう価値観が色々で、それぞれにそれぞれの良さはあるワケだから何が良いとかはなかなか無い。

今日いただいたお酒は実にエレガント。
これはワインの表現に度々用いられる。
瑞々しいというより、荘厳というより、やっぱりエレガントかな。
味にはバリエーションがある方が良い。
バリエーションがないと、自分の「良さ」は定まらない。
また、定まった良さも一年後、いや、ひと月後には変わったりする。
そんな不安定な「美味しい」という概念を扱う仕事を我々は日々しているのだ。

ずっと荘厳が良いと思っていたが、やはり僕にとって荘厳な味は合わない。
荘厳ってのはもちろん宗教的感覚から来るものではあるが、それは信仰の結果として人が作り上げた凄さという側面が強い。
辞書を引いてみて欲しい。
飾りという言葉が出てくるはずだ。

僕が思う美味しさはもっともっと簡素に感じるもの。
ただそれは「簡素なもの」では決してない。
ここが一番大切な所。
シンプルな料理とはまるで違う、簡素に「感じる」もの。

それは透き通る川の様な。
どこまでも透明だけど底が見えない海の様な。
川は山より出る一滴から海に至るまでが川という意味。
それ故に海は川でも山でもある。
だけど、簡素と見える出汁もじつはこんなに手間がかかるんですよ、、って実演するのはまた、僕の中の美意識には無い。
それを見せないから和食は美しいのだと「僕は」思う。
そこら辺も人それぞれで今は和食もパフォーマンス全盛期だからあってしかるべきだと思うし、否定もしない。
ただ、僕はそれはしないというだけ。
それを見せる美しさを僕は感じない。

それよりは見えない部分をお客さんが想像してくれる事を願いたい。

俳句は17文字しかないのに、直接的な言葉は使わない。
使わずに読み手の力量にある程度委ねる。
使うと下句になりやすい。

そんな繊細な感覚が長いあいだ日本人の特権だったはず。
それをわかりやすくして差し上げないと人は満足できないようになっているとしたら少し残念な気持ちになる。

毎日凄まじい花火を見ても僕はたのしくない。
たまには物凄く大きな花火も見たいけど、結局は線香花火の火が長持ちする事に一番集中してしまうかな。
そして、その火が落ちた後のわずかな静けさが一番美しいと思うのだ。

じゃあ結局、そういう感覚を言葉にすると何になるの?って?

それはね、
らーらーら、ららーら言葉にならない。

最近の記事

Recentry Posts

カテゴリー

Category

過去の記事

Archives

食材へのこだわり

隆兵そばでは、出来得る限り有機栽培や無農薬、減農薬野菜を使い、
京都、または京都近郊でとれた食材や関西近郊で醸された酒を提供できるように心がけております。

晦日そば

毎年12月31日は予約制にて単品営業を行います。